国内災害救護

国内災害救護 disaster relief

武蔵野赤十字病院 看護師募集サイト

国内災害救護インタビュー

看護師長
櫻井 美枝
櫻井 美枝

救護班に参加するきっかけは?

櫻井 美枝

救命救急センターの救急外来に勤務した時に、「東京D-MAT」というものが立ち上がって、その研修に行きませんか?ということを、他のスタッフに誘われて行ったのがきっかけです。

救護班はどのような事をするのですか?

活動はたくさんありますが、救護班の救護班員としては、常に備えるということが大事なことです。「D-MAT」の医療資機材や救護班の医療資機材、あと、ここは災害拠点病院なので、その役割の資機材があるのでその現見を必ずする事が第一です。
出動の要請が来た時には師長の立場として行くので、行く人達の健康管理やその人達をよく知っておくという事が大事です。まず無事に帰ってくるのが使命だと思っていますので。

日常からの人との関わりで相手を知り、出動要請がかかったときには、病院がどのような体制で私たちを送り出すのかというのをしっかりと確認をして、指揮命令系統ができるように、師長としてそれをサポートしていく事です。
出動したら、目的によっても違いますが、被災地のニーズに応えた活動ができるように、自分たちで、アセスメントをして、自分たちの出来ることを提供する。また、それをちゃんと引き継いでくる。
そして、戻ってきたら院内のスタッフにも何をしてきたかを伝えて、次に繋げるということが、一貫した役割かなと思っています。

救護班の活動で行かれたところはどこですか?

東日本第震災では3回出動させて頂きました。
一回目は第1班で、当日にこちらを出動して「日本D-MAT」として最初は出たんですけど、途中で救護班に切り替わって、活動をしてきたというのが1班です。
二回目は3週間後に、被災地のアセスメントをしに行くチームができたので、そこでもう1回行かせて頂きました。
三回目は撤収班として、片付けや、周りを見てくるというので、行かせて頂きました。

他には、熊本地震の時にも撤収班として行かせて頂きました。

被災地の状況はいかがでしたか?

東日本の時には道路が通行止めだったんですけど、ひび割れが起こっている高速道路を救急車で、動いては止まって、降りて、地割れが起きているので、確認をして、また乗っての繰り返しで、給油規制もあり行くまでが大変だったかなと思います。

被災地に行くにあたって不安な事はありましたか?

正直、不安なところはあまりなかったです。
なぜかというと、救護班はチームで行くので、サポートしあえる仲間がいますし、そこが強みかなと思っているので不安はなかったです。

危険な事とかはありましたか?

櫻井 美枝

熊本に行った時は、感染症が少し蔓延するかもという情報があり、対応はしていてくれたのですが、救護活動中に情報が入ってこないときの対応とか不安になる事もあります。
危険を回避するためには、いかにして情報をとれるかで変わってくると思います。

救護班として印象に残っていることは何ですか?

初めての活動に行った時の事なのですが、通信が途中で途絶えてしまい本部との連絡が全く取れなくなってしまったことがありました。その時、本当にチームだけの孤独な時間だったので、少し心細く、不安だったので印象に残っています。ただ、色んなことがある中でも辿りつけるんだな、っていう驚きもあるし、安心もありました。
メンバーならいけるんだ!という確信が出てくるし、いろんな感情が出てきたのを覚えています。

救護班に参加して良かったなという事はありますか?

あっては欲しくない事ですが、被災に合われた方や、応援に行った方の声を聞き、経験をさせて頂いて、実際の市町村などの復旧の知識を得られたことです。
知識や技術を勉強させて頂く機会を与えてもらっていますので、もっと、もっとの精神で次は前よりもなにか一つでもより多くの事をできたらいいなと思って活動をしています。

救護班に参加して心境の変化はありましたか?

櫻井 美枝

少しだけでも判断することが、早くなったことです。
たとえば患者さんが日常業務で何かを訴えています。それはその時しか訴えられない気持ちや、言葉があるかもしれないので、それをすぐになるべく早く聞こうとか、すぐに対応しようという気持ちはより増したかなと思います。
その時の言葉とかタイミングは大事にしないといけないと思いました。

今後の夢や目標はありますか?

まずは、首都直下地震が起こるかもと言われていますし、当院も被害に遭うかもしれないので、それを最小限に抑えて、地域住民への医療の提供がなるべく早く、早急にできるように、維持と復旧を強化していきたいと思います。

最後に学生さんにメッセージをお願いします。

私はやっぱり、看護師でもなく、日赤でもないというところです。
よく赤十字に行けば、国際救援出来るのでとかありますよね。だけど私は、最初の動機が違うのですが、やり始めたら無限大というか、答えはなくて。やりがいだけがあって。
赤十字の救護班で活動を続けるとやっぱりつながりが広くなります。
他にも、現場でいて看護師をしている人の苦しみや痛み。また、災害の時の痛み苦しみはちょっと違うので。そういうのをじっと目の当たりにして学べる機会が多くあるので、人として成長できます。是非、日赤で一緒に救護活動しましょうとしか言えないです。

まずは来て、見て、感じてください

お問い合わせ

看護師・看護学生のための就職情報サイト「nas nus (ナスナス)」