お知らせ

お知らせ news

武蔵野赤十字病院からのお知らせ

バングラディシュ南部避難民救済事業に看護師を派遣

医療救済のため、難民の流入が続くバングラディシュ南東部に看護師を派遣しました。
今回、派遣される梅野看護師は、4度目の海外派遣となります。出発式では、「今までの経験を生かし、心のケアにも当たりたい」と抱負を話していました。
現地は、高温多湿で衛生環境が悪いとのことです。自己の体調にも、十分に気を付けてミッションを達成してきてほしいと思います。

まずは来て、見て、感じてください

お問い合わせ

看護師・看護学生のための就職情報サイト「nas nus (ナスナス)」