看護部紹介

看護部紹介 nursing dep

武蔵野赤十字病院 看護師募集サイト

副院長兼看護部長メッセージ

副院長 兼 看護部長 若林 稲美

「ひとりひとりの想いを大切に あなたの成長を支えます」

看護師はとても充実した良い仕事です。患者さんに「ありがとう」と言われた時には喜びを感じ、苦しい闘病を続けながらも謙虚な患者さんから人間の強さ、奥深さ、素晴らしさを学びます。

そして看護師は、病気と向き合い闘う人の最も近くに、とどまりつづける存在です。患者さんも医療者も健康問題に真摯に向き合い、支えあいながら、自分らしく生きることを全うしようとする営みは感動的です。

緑豊かな武蔵野の大地は、厳しいながらも充実したこの仕事に、向かう力を与えてくれます。

副院長 兼 看護部長
若林 稲美

看護部理念・方針

看護部理念・方針

理念

ひとりひとりを大切にします。あなたの痛みを和らげます。
4つ(病む人・同僚と職場・地域住民と地域・地球、自然、命)の愛への心を高め、ひとりひとりを尊重した看護を実践し、地域社会の医療に貢献します。

方針

  1. 1.私達は病む人がどのような状況におかれても、ひとりひとりを大切にした看護を実践します。
  2. 2.私達は病む人の苦痛を和らげる最善の看護を、安全に提供します。
  3. 3.私達は自律した看護職として、質の高い看護を患者に提供するために、自己研鑽に努めます。
  4. 4.私達は互いを支えあい、ともに学び成長します。
  5. 5.私達は看護の専門性を発揮し、他職種とともにチーム医療を担います。
  6. 6.私達は同僚と他職種を尊重し、対等に話し合いのできる明るい職場を築きます。
  7. 7.私達は地域の保健・医療・福祉機関と協力し、住民の地域生活を支えます。
  8. 8.私達は命を育むかけがえのない地球を守るために、身近な環境問題に着目し、改善に努めます。

病院特徴

三次救急

三次救急

三次救急医療施設として、救急部門は救命救急センター(ICU・HCU)と救急外来からなります。

集中治療部門としてGICU、SCUがあります。救急車は年間9000台を超え、東京都内でも有数の救急車受入れ台数となっています。

がん医療

がん医療

地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、専門的な治療を行うだけでなく、よりよい医療を患者さんに提供するために地域の医療機関と協力しています。

患者さんやご家族を支援するためがん看護外来を開設しています。

周産期

周産期

60名の助産師が、妊娠から出産、育児にわたって母子ともに安全でより快適な出産と育児が実現できるよう連携しています。

また、地域周産期母子医療センターとしてハイリスクまでの妊婦搬送を受入れています。

地域連携

地域連携

訪問看護ステーションを併設し、地域住民の療養生活を支援しています。

また、専門看護師・認定看護師等、専門性の高い看護師の同行訪問、外来・病棟看護師による退院後訪問指導も行っています。

救護

救護

国内の災害に備え常備救護班を編成しています。

熊本地震災害などに救護班を派遣し、東日本大震災では長期的に被災地を支援しました。国際救援活動では、南スーダン、フィリピンなどに看護師を派遣しています。

まずは来て、見て、感じてください

お問い合わせ

看護師・看護学生のための就職情報サイト「nas nus (ナスナス)」